テントを作ってみた。(つづき)

PVアクセスランキング にほんブログ村

キャンプのブログですがまだインドアな内容が続きます。

前回を見てない方はまずこちらから↓

塗装が乾いたのでテントの続きを

今日もテント工場へ。

テントの塗装が乾いていたので組んでいきます。

最終的な形はノルディスクのFAXE 4。


ただ組んだだけではFAXE 4の特徴的な短い前室(ひさし?)がないので、プラバンを切って加工。

三角をうまく合わせるのがムズカシイ。

さらに隙間にパテを埋め込んでいきます。

えらそうに使ってみるが、これ使い方あってるのか??

と、ここで作る順番が間違っていたことに気付く。

あ、パテ乗せるなら始めに色塗った意味ないじゃん。。。

仕方ないので再度色を作り直し、全体を塗装。

少し青を強めに入れたのでもとの色より良くなりました。

塗ったあとの写真がこれ。


シロウト丸出しの汚い机もご覧ください。

でもまあ、なんとか形がFAXE 4っぽくなりました。

キャンパーくんを組み立てる

とりあえずテントはほぼ完成。

で、キャンパーくんはまだ寝ています。

キャンパーくんにはコーヒーでも飲ませることにしたいのだけど、そのためには左腕の角度を直す必要があり、いったんカットして付け直しました。

おおお、アップにすると塗装の汚さが目立つ。

しかも肌色がテカテカ。

つや消しでも塗る必要があるのか塗料をもっとよく混ぜるべきだったのかよくわかりません。

とにかく十何年ぶりのプラモデルなので、多少のことは目をつむります。

とりあえず、腕がくっつく間にコーヒーを入れるマグカップを作ることにしよう。

ランナーにドリルで穴を少しあけ、プラバンを小さーく切って取っ手をくっつけます。

色を塗ってランナーから切り離すとマグカップの完成。

あ~、なんかしんどい。

一体ボクは何をしているんだろうか。

そしてキャンパーくんをさっと塗り上げ、カットしてくっつけた左腕はこれまたプラバンで作った腕時計みたいなものを巻き付けてあげました。

疲れたので今日はこのへんで。

あとは焚き火台でも作ってキャンパーくんに焚き火をさせたい。

次回こそはなんとか完成させるぞ!

完成まで引き続きおつきあいください。

NEXT ↓

コメント