キャンプギアとしてのカメラ選び(1)

PVアクセスランキング にほんブログ村

禁断のキャンプ道具 カメラを買うことにした我が家。

我が家、というか勝手に買うことにしたおっさん(ボクね)。

ただ、カメラを買うにはもちろんお金が必要だから、ヨメさんの許可は当然必要になってくる。

ボク
ボク

カメラ買いたいんだけどね。

ヨメ
ヨメ

いくら?

そもそもカメラを買おうと思ったきっかけは、何気なく見ていたインスタグラムにあげられた色々なキャンプの写真。

特にテントとその後ろに写る星空の写真。

そんな写真を撮るのに使っているカメラは、ハッシュタグなどからオリンパスのOM-D Eシリーズソニーのαシリーズであることが分かってくる。

それらの金額を検索してみると・・・。

ムムム!

安く見積もっても10万は越えるではないか。

それどころか20万越えもある。

ボク
ボク

25万

ヨメ
ヨメ

え??

これを間違ってもビビッて10万などと言ってはいけない。

見積り提示は高く。

社会人としては当然の手法だ。

スポンサーリンク

交渉は難航するかと思いきや、

子供や家族の思い出をキレイな写真で撮りたいんだけど。

・持っているビデオカメラも古くて画像が荒いから、運動会とかの動画もやっぱりキレイに残せるほうがいいよね。

・インスタグラムで花などの写真をあげているヨメも、新しいカメラでもっと素敵な写真がとれるよ。

などなど、ヨメコドモ目線の理屈をベースに営業をかけると、意外にもあっさりと許可が出た。

話はそれるが、これが義理の姉なら

アネ
アネ

買えるわけねーだろ。考えたらわかるだろ。ビタ一文出さねえ!!

と、一蹴されてしまうに違いない。

なぜなら、アネは、

アネ
アネ

殺しのライセンス~♩ 殺しのライセンスゥ~~♪ 殺しのライセンスを道で拾った♪♬♪

と某ブルーハーツの歌を嬉々として歌いながら歩くようなアネなのだ。

おそらくシッカリ者のアネなので、まず我が営業をかけたところで却下されるだろう。

その点、旦那愛にあふれるヨメは、さすがに提示どおりの見積もり額は許可しなかったものの、MAX 20万という額を許可してくれた。

このダルダルに緩んだヨメの財布が締まらないうちに、カメラを選んで買ってしまう必要がある。

スポンサーリンク

さて、いざカメラを買おうと思っても、カメラもたくさんありすぎてどれを選べばいいかが分からない。


まず基準としたのは、ミラーレス一眼

カメラ内部の鏡にレンズが捉えた景色を光学ファインダーに写す従来の一眼レフと違って、レンズが捉えた景色を直接映像に変換し、液晶モニターなどに映すため、鏡(ミラー)が不要となり、一眼カメラでありながらよりコンパクトな大きさになっている、というのだ。

(参考:キャノン公式 初心者向け!一眼レフカメラとミラーレスカメラって何が違うの?

キャンプや登山(といっても子供と登る低山の散歩)には、やはり小さくて軽いほうが持ち歩きしやすい。

時代もこれからはミラーレスのようなので、これは迷うことなくミラーレス一眼から絞っていくことにした。

冒頭にあげたオリンパスやソニーのカメラもやはりミラーレス一眼で、価格としても予算20万円でなんとかなるのではないか。

そんなことを考えながら、購入するカメラの絞り込みに入ったのだが、これが思った以上に悩ましいのだ。

つづく。

コメント