フジカハイペットを注文したら納期が長すぎた件

PVアクセスランキング にほんブログ村
フジカハイペット 納期

前回、冬のファミリーキャンプに微かながら前向きになったヨメの気が変わらないうちに、我が家の冬キャンプ推進に向けてストーブの導入を検討。

冬キャンプの暖房として考えられるのは以下4つ。

①薪ストーブ

②石油ストーブ

③ガスストーブ

④電気ストーブ

結論から言うと我が家は②の石油ストーブ派になろうと思う。

理由は簡単。

①キャンプ以外に家でも使えるもの。

→ 薪ストーブは我が家で使えないので除外。

②どこのキャンプ場でも使えるもの。

→ ポータブル電源を持っておらず、電気ストーブを使うには電源のあるサイトにしか行けないので電気ストーブを除外。

③ランニングコストの安いもの。

→ 例えばガスストーブで人気のセンゴクアラジンで、2~3時間に一本カセットガスを消費するようなので、コスパ的にガスストーブを除外。

となんだかんだ理由を付けながら消去法で石油ストーブにしてみたが、結局は知人宅で見たフジカハイペットが気に入ったというのが石油ストーブに決めた一番の理由。

そのフジカハイペットはネット上では販売しておらず、電話での直接注文のみ

とにかくヨメの気が変わらないうちにさっさと注文しておかねばならないので、とある平日、受付開始の朝10時に早速申し込みの電話をかけた。

すると、電話に出たフジカの男性が開口一番、

「ただいま納期が大変長くなっておりまして・・・・」

と言うではないか・・・。

なぜ、まだコチラは何を注文するとも言っていないのに納期の話をするのだろう…。

心を見透かされているのか?と気になって、

「ええと、ストーブの注文なんですけど」

と言うと、

「もちろんです。」

と言われた。

ああ、そうか。

ストーブの注文専用ダイヤルなのか、と我に返る。

この電話にかけてくる人はみんな石油ストーブを買う人なので、何を買うつもりかなんてわかりきっているのだ。

落ち着きを取り戻して、反射板付きのブラックを注文。

注文時には以下了承のうえ注文してください、と言われた。

・キャンセルはできない。(色の変更は早めの連絡があれば対応する)

・納期は前後する可能性があるが、早くなっても遅くなっても予定日の連絡はない。

・発送についてもフジカから事前の連絡はなし。(つまり、ある日突然来る。但し、運送会社から配達前の連絡はある)

・支払いは着払い現金のみ。

スポンサーリンク

このフジカハイペット、ここ数年のうちに注文から届くまでが数か月待ちとなっている人気のストーブ。

肝心の我が家に届く納期は、2022年の6月とのこと。

・・・・・・。

・・・・・・ん?

2021年の間違いじゃないかと思い、もう一度聞くと、2022年というではないか。

実に19か月待ち! (2020年11月9日注文時点)

今年の冬はもちろん、来年の冬にも間に合わない。

今のところ冬のファミリーキャンプに踏み切っていない我が家なので、今年の冬は間に合わなくてもいいが、来年の冬には行ってみたいところ。

それにも間に合わない納期・・・。

とりあえず家にあるトヨトミストーブを連れてキャンプに行けなくもないが、しかし19か月待ちとは驚いた。

注文したことを忘れてしまいそうなほど先だけど、突然届くようなので、代金32,680円は常にタンスに置いておく必要がありそうだ。

気になったのは電話で注文はしたものの、それに対する控えなどが一切ないこと。

普段ネットで注文したら「注文確認」の自動返信メールがくることに慣れている身としては、電話注文時に「承りました」とは言われたもの、注文したことを証明するものが手元に一切なく、ちゃんと覚えていてもらえてるか不安になるのは心配しすぎだろうか。

1年後くらいに念のため注文受け付けてあるか確認したら、あんたの注文なんか受け付けてませんって言われたりして・・・。

そうなると、そこからまた1年以上待つことになるぞゴクリ。

ともあれ、納期が多少早まろうが遅くなろうが、春に来ようが夏に来ようが、結局使えるのは2022の冬。

我が家の冬キャンプ推進のために注文したものの、これでは逆に冬キャンプの開始を遅らせてしまったような気がしてならない・・・。

2022年か。

もしかして、そのころにはストーブに代わる画期的なキャンプ用暖房器具が出ているかもしれないな。

気長に待てる人はコチラがホームページです ↓ ↓ ↓

スマーティのフジカです

そんなに待てない人向け(?)のその他の石油ストーブはコチラ ↓ ↓ ↓

コメント