真夏の高原キャンプも悪くない

PVアクセスランキング にほんブログ村

      神石高原ティアガルテン 2019/08/17

盆明けの週末、少しでも涼しい場所に行こうということで、神石高原ティアガルテンに2泊3日のキャンプに行ってきました。

家から130キロ超、約2時間の行程です。

今回、初めて妄想キャンパーM家族とのキャンプとなりました。 1年前の9月からキャンプに興味を持ち始め、キャンプに行くことなく道具を揃えつつ、イメージキャンプ(イメキャン)が50泊超に膨らんだ妄想キャンパーM(実兄)満を持しての登場です!

途中上下町のAコープさんで食材を調達し、キャンプ場に着くとやけに人が多く駐車場もいっぱい。

キャンプだけでこんなに人が多いのかと一瞬ビビりましたが、 よく見るとアロハイベントを行っているようで、日中はひたすらアロハな歌のステージが繰り広げられていました。

通常のチェックイン時間は9時ですが、 この日は繁忙期のため13時からのチェックインでした。

チェックインまで時間があったので、しばらく車は駐車場に置いたまま場内を下見。

キャンプ場自体は基本的に傾斜が多く、平坦な場所には木陰がありません。妄想キャンパーMと相談し、入り口近くの松の木の下に2張りテントが張れる場所を確保しました。

ティアガルテン

キャンプ場は予約数を限定しているとのことで、ある程度の間隔をもってテントを張る余裕がありました。

隣では大学生の集団がテントをレンタルしたようで、ランドロックを説明書を見ながらああでもない、こうでもないと設営していました。ここは受付の建物内にSnow Peak Shop in Shopがあって、Snow Peak用品をレンタルしているんですね。

しかし、この大学生たち、水風船をぶつけ合ってはしゃいでいたのはいいが、翌日去っていったあとには破れた水風船50個近くをそのまま芝の上に放置していきやがった。大学で一体何を学んでいるのか知らんが、集団のうち誰一人として拾おうと言い出すやつがいなかったと思うと情けない。おっさんは怒りながら水風船を拾うのであった。

ティアガルテン

それはさておき、夕食は妄想キャンパーMの好物 焼肉です。

ヘッドライトで肉を照らしながら食べるその姿はキラキラと光輝いていました。イメージキャンプ50泊を経て、ようやく本物のBBQにありつけたため終始ご満悦でした。

キャンプに一度も行くことなく、日々ネット上のキャンプ道具やキャンプ動画だけを見てこんなにどっぷりキャンプにハマるとは(笑)

実際には今回が二度目のキャンプのようでしたが、道具の知識はもはやベテランキャンパー並みです。

イメキャン50泊超、リアルキャンプ2泊目な妄想キャンパーM一家との楽しい夜は更けていきます。

翌日。

ティアガルテン

今回初めての二泊キャンプなので、片付けを考えなくていいのんびりした朝を迎えました。

朝食は姉さまが朝からチャーハンを作ってくれました。我が家もバウルーでホットサンドを。

ティアガルテン

朝食で腹を満たすと、すぐに子供たちの楽しみにしていたウォータースライダーに行くことに。

今日は日曜日ということもあって、どこから沸いてきたのか30~40人の子供でにぎわいました。

飽きもせず三時間近く子供は遊びっぱなし。その間、お目付け役として離れる訳にもいかないので、強い日差しのあたる場所で付き添いっぱなし。

幸い水着を着ていたので近くの湧水に浸かって暑さをしのぐことができました。

ティアガルテン

ウォータースライダーを楽しんだ後は、車で20分程離れた豊松紙ヒコーキタワーへ。

小学生以上は300円で5枚のエコ用紙をもらい、1階の作業机で好きな紙ヒコーキを折ります。そしてエレベータで26mの高さのタワーの上から飛ばすと思いのほかよく飛んで森のなかへ消えていくヒコーキもありました。

自宅から遠いのでキャンプ場の近くでなければここに来る機会もなかったかもしれませんが、山へ向けてヒコーキを投げることもなかなかないので子供達も楽しそう。

ティアガルテン

キャンプ場へ戻るとテントの数がめっきり減っていました。日曜日なのでほとんどのキャンパーが帰ったあとのようです。

ティアガルテン
ティアガルテン

2日目の夜は静かな夜となりました。 妄想キャンパーM(写真左端)もすっかりリアルなキャンプになじんでます。

3日目の夜明け近く。気付くと小雨が降っているようでした。

ティアガルテン

2泊3日のキャンプはのんびりできるようで、ウォータースライダーやなんやかんやであっという間に終わってしまいました。お盆連休終わりの気だるい雨撤収となりました。

夏のキャンプは海や川だけじゃない。高原キャンプもいいですね。

神石高原ティアガルテンは標高700mだそうです。夏場のキャンプは暑いので海や川の近くを選びがちで、我が家も石見海浜公園や田の浦といった日本海側のキャンプ場に行くのがほとんどでした。今回のキャンプのように水遊びができる高原であれば少しは暑さもしのげますね。気になる虫も少なめでした。

我が家からはやや距離があるのでなかなか行けませんが、夏の高原キャンプもいいですね。

コメント